肌のくすみもピーリングジェルで

ピーリングジェルを使うことにより期待することというと、まずはシミ対策というのがありました。それはターンオーバーを活性化させることにより、メラニンを出来るだけ排出させようというものです。これは私調べですのではっきりしたこと、正確なことはわかりませんが、よくそういうふうに言われています。
となると、同じく肌のくすみに対しても効果があるのではと思うようになったのです。
というのも最近顔の色艶が良くないと感じてまして、きっと肌のくすみだろうと思うようになったのです。
紫外線を可能な限り浴びないとかきちんとバランスの摂れた食事をするとか睡眠のこととか、そういったのは当然の対策として、一つ洗顔とピーリングについても考えてみたいと思います。

ピーリングと洗顔のこと

お肌には潤い成分があるけど、それを洗いすぎると良くない。これもよく言われています。ではどれくらいが適度なのかというとそれが不明です。そもそも肌のタイプは人により違いますので、これで大丈夫とか、この程度とかというのが定かではないからです。
肌のくすみとピーリング
ピーリングも肌に合うものを使っていればそれなりの効果を発揮してくれると信じていますが、それでも逆効果になってる人もいるのは確かなようです。それは口コミサイトなどをみれば分かりますので。
どんな洗顔を使うかというのも重要なポイントになります。シャンプーも同じで洗浄力があればそれでいいというものではありません。
洗顔のタイプでいうと、洗浄することだけを考えたものを使い、その後きちんと保湿するのもいいですし、ちょっと違うタイプですが、保湿効果も期待できる洗顔料を使うというのもありかなと。
保湿成分が入ったタイプですね。これは好みで決めてますが、何かもっと深い理由があるのかもしれませんが、今の私には分かりません。

ビタミンCにはシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する作用があり、皮膚の真皮層でコラーゲン繊維の生成や構築を助ける作用がある。その為、美肌成分としてビタミンCを配合した化粧品が多く出回っている。しかし実際にはビタミンCそのままだと肌への浸透力も低く、不安定なので“ビタミンC誘導体”というを多く採用して化粧品に配合しているのだと言う。ビタミンCの液体は無色透明だが長期間室温に放置しておくと、次第に黄色から黄褐色へと着色してしまう。化粧品が次第に黄褐色に変色してしまっては、消費者はきっと(化粧品の成分が変質、劣化してしまったんだ)と誤解することになってしまう。実際には変色後も中に含まれるビタミンCはそれほど分解されていないらしいのだが、おそらく少量の分解物が濃い黄色であるために製品が黄色く変色してしまったのだと考えられるという。確かに購入して数日経ったあと、化粧品が黄褐色になったら大概の人は驚き、メーカーに問い合わせるだろう。おそらく私も。化粧品としてそれは「不具合」だし、更に肌へのビタミンC吸収が高いのなら、消費者としてもビタミンCそのものよりもビタミンC誘導体入りの化粧品を選ぶだろう。「不安定」というのはいわゆる「酸化しやすい」ということなのかな?

ビタミンC誘導体化粧品

ビタミンCの化粧品でも高濃度を謳うものもありますが、最近は安定化され肌に吸収されやすいということでビタミンC誘導体のコスメも人気です。体内に取り込まれるとビタミンCに変化するそうで、シミにも良さそうです。そしてコラーゲンの合成にもいいみたいなので、お肌全般にいいのかなと思います。ビタミンC誘導体には水に溶けやすいとされる水溶性ビタミンC誘導体と、油に溶けやすい脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体があります。そして水溶性と脂溶性の両方の特性を併せ持つ進化型ビタミンC誘導体があります。これは新型や高浸透型などとも呼ばれているようです。それぞれの性質に合わせて化粧水や美容液などローションタイプ、クリームやゲル美容液などの化粧品に配合されています。